がん・バッテン・元気隊  

博多どんたくに参加する「がん・バッテン・元気隊」実行委員会 がんを学ぶ青葉の会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃した方、必見!!

RKBニュースここをクリック

がん患者が‘元気’アピール 05/04 19:35




110万人の人出で賑わったきのうのどんたくパレードには、去年に引き続き、がん患者の団体も参加しました。

今年秋に開催される、がん患者のためのイベントも告知して、病と闘う元気さをアピールしました。

がん患者や家族たちが、結成した、どんたくチーム、がん・バッテン・元気隊。

去年の初出場に続いて今年は、参加人数を増やし2回目の出場を果たしました。

参加者の1人、寺岡栄さんは妻の妙子さんとともに今年、初めて元気隊に加わりました。

5年前に胃や腸の壁にできる、ジストというがんを宣告された寺岡さん。

発症率は、10万人に2人という珍しいガン。

再発率が非常に高く、強烈なガンの1種とされています。

2回の摘出手術を経た今は、抗がん剤の投与で経過を見守る毎日です。

ジストを宣告された当初は、家族に不安を感じさせないよう明るく振舞っていましたが、気持ちの動揺は隠せませんでした。

精神的に低空飛行状態だったという寺岡さんを変えたのは、がん患者を勇気付けるチャリティイベント、「リレーフォーライフ」への参加でした。

24年前にアメリカで始まり、今では全世界で開催されるようになったリレーフォーライフ。

ここで出会った多くのがん患者が、寺岡さんを救ってくれたといいます。

ジスト患者の命をつなぐグリべックという抗がん剤は、このイベントで集められたチャリティ基金で開発されたといいます。

寺岡さんを心身ともに救ってくれたリレーフォーライフは、今年の秋に初めて福岡で開かれることが決まっています。

寺岡さんは、多くのがん患者に開催を知ってほしいと、どんたく隊への出場を決めました。

パレードには、奥さんの妙子さんも参加します。

今回は、九州各地に住む数少ないジスト患者も集まりました。

大勢の見物客を前に元気に行進するがん・バッテン元気隊。

寺岡さんも声援に応えながら無事、およそ40分のパレードを終えました。

「希望を持てば、必ず願いは叶う」、今年の元気隊もがんを吹き飛ばすかのように一人ひとりの笑顔が輝いていました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aobanokai21.blog81.fc2.com/tb.php/17-36ca2426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。